にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

シンギングボウルBSM(ボディ・シンギング・メソッド)認定セラピスト くぼ かずみ と申します。
出張、遊行スタイルにて、シンギングボウル・トリートメントや、瞑想会等での演奏の活動をしています。

シンギングボウルで、心身がゆるまる優しいひとときを。
『きもちいい』が『これでいい』をおしえてくれる。 言葉を超えた、あなたの光を、思い出してみませんか。

HPはこちらです(^^) ↓↓↓

にじのはらから、いまり。

藤藪 庸一先生 白浜バプテスト基督教会 NPO白浜レスキューネットワーク

5月30日㈬〜6月1日㈮

はじめましての和歌山県へ行ってまいりました。

 

4年程前、生きることが辛い時に、偶然出逢ったある一冊の本。

『「自殺志願者」でも立ち直れる』藤藪 庸一(著)

大変感銘を受け、忘れることが出来ず

この想いを確かめるように何度も読み、月日が経ちました。

心の声の導きに従い、この度、滞在時間短く微力ではありますが

何かお手伝い出来たら、と足を運ばせていただきました。

 

f:id:mahasamadhi:20180603234604j:plain

 

ここで、文字、言葉にするのが難しいほど
私にとって、言葉を超えた、肌身で感じる、深い深い気づき・学びのお時間でした。

ですので、ぶつぎれかもしれませんが
飾らずに綴ってゆきたいと思います。


自殺予防活動の
『放課後クラブ・コペル君』にて、子供たちと遊びました。
こうして、子供たちが孤独に陥らない、みんなで育み合う場は

素晴らしいと思いました。


朝は、共同生活をされている方々と、教会のお掃除、ワックスがけ。
椅子や机の位置も、床の板何枚分、等、きっちりと。

ここでも、社会や共同生活で必要な、協力を体験させていただきました。

生活自立支援活動の、「まちなかキッチン」では

共同生活の方や、他スタッフさんが、お弁当やお惣菜を皆さんで作って

配達、販売をしていらっしゃいます。

そこでいただいたご飯は、本当に美味しかった!
食べた後、皆さんとお掃除や、お片付け。

食器を拭いていたら、それに気づいてすぐ収納してくださったり
勝手のわからない私に、さりげなく、教えてくださったり
皆さんの止まらない流れ、に、感動しました。

 

f:id:mahasamadhi:20180603234500j:plain

 

共同生活をされている方と、深くありがたいお話をする機会がありました。

私は笑って、泣いて、お身体、お心に触れさせていただきました。

藤藪先生に、泣いてしまってごめんなさい。とあとからお伝えしたら

いいんです、いいんです、これが現実ですから。と、やわらかな笑顔。

私は、本の文字や言葉を超えた、この現実を知るために、ここに来たんだ。

そう、改めて感じました。

 

f:id:mahasamadhi:20180603234516j:plain

 

そして、三段壁のパトロールも、共同生活をされている方と

ご一緒させて頂きました。

お写真は、パトロール後、入口からの眺め。↓↓↓

 

f:id:mahasamadhi:20180603234533j:plain

 

トロールは、もっと奥、足元おぼつかない、崖ギリギリまで。

こうして、日常、皆さんで、迷い苦しむいのちを救わんと...

 

f:id:mahasamadhi:20180603234550j:plain

 

声をあげられない、いのちがある。

どこかで見過ごされてしまうかもしれない、いのちがある。

決して他人事ではない。

こういった方々のために、藤藪先生や亜由美先生、普先生、ボランティアスタッフの方々、まさに命がけの連携。

地域の方々のご理解、ご協力に支えられながら。

 

私、こちらも応援中です!

回し者ではありません(笑)

先生がモデルになった映画です。↓↓↓

 

motion-gallery.net

 

 

かつて私も声をあげられなかった、生きることを諦めかけた一人です。

それが、こうして世界に色を、熱を、取り戻せるようになりました。

人は何度でもやり直せる。

 

こうして命がけで、己を超えて、愛を差し出し

体現されている方々がいらっしゃるという現実が

希望の光となり、また歩き出せる方々が増えてゆきますように。

 

貴重な学びと気付きのお時間を、本当にありがとうございました!