にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

シンギングボウルBSM(ボディ・シンギング・メソッド)認定セラピスト くぼ かずみ と申します。
出張、遊行スタイルにて、シンギングボウル・トリートメントや、瞑想会等での演奏の活動をしています。

シンギングボウルで、心身がゆるまる優しいひとときを。
『きもちいい』が『これでいい』をおしえてくれる。 言葉を超えた、あなたの光を、思い出してみませんか。

HPはこちらです(^^) ↓↓↓

にじのはらから、いまり。

しんどい方々への手紙、誓い。

 

自分の気質は、辛いニュースを見たりすると

 

のみこまれてしまうから

 

なるべく見ないようにしている。

 

でも、見ないように見ないようにしてでも、目に入ってしまう文字。

 

そっちに行かないで、と、今、ギリギリで踏ん張っています。

 

それでも、移入してしまい、泣けてしまう。

 

そんな自分も、認めて、ゆるそう。

  

そして、この気持ちを、よりよい未来への力に、変換してゆきたい。

 

 

 

こちらでも、何度かふれていますが

 

私は、かつて、何度も生きることをあきらめ

 

様々な自傷行為を繰り返してきた時代がありました。

 

 

 

それが、今、自分のために、誰かのために、世界のために

 

このいのちを生かしてゆきたい。

 

そう思えるようになりました。

 

ここまでの道のりは、長かったかもしれません。

 

でも、必ず、大丈夫だから

 

あきらめないでほしい。

 

自分で自分の手を、はなさないでほしい。

 

 

 

信じられないかもしれない。

 

でも、絶対に大丈夫!! そう乗り越えてきた方々の「心」に、救われてきました。

 

 

 

だから、今度は、バトンを受け取り、恩返し、私の番です。

 

どうか、信じられなくても、私の背中を見ていてください。

 

私の、本気の、真心を、見ていてください。

 

かんじてください。

 

何度でも、自分は、変われる。

 

何度でも、人生は、やり直せる。

 

 

 

私は名もなき人間ですが (^^;

 

煌びやかではないかもしれませんが

 

ささやか かもしれませんが

 

あらわし、拡げてまいります。

 

 

 

 

どうか、どうか...

 

 

 

祈っています。

 

 

 

f:id:mahasamadhi:20200928233206j:plain

 

 

久々に、今日、アオサギさんに逢えました (^^)

 

いつも、節目、転機に、不思議とあらわれてくれるのです。

 

 

f:id:mahasamadhi:20200928233250j:plain

 

 

大丈夫 ☆彡

 

 

合掌

 

 

2020.09.28

 

 



如実知自心 ひとり旅 ~東寺→高野山~ 1年前からの手紙

 

 

1年前の今日、如実知自心 ひとり旅 ~東寺→高野山~ でした。

 

 

f:id:mahasamadhi:20200926222715j:plain

f:id:mahasamadhi:20200926222746j:plain

f:id:mahasamadhi:20200926222804j:plain

f:id:mahasamadhi:20200926222826j:plain

f:id:mahasamadhi:20200926222845j:plain

f:id:mahasamadhi:20200926222900j:plain


 

 

 

 

高野山は、生まれてはじめての、参拝でした。

 

無知な私のままで、強い引力の元、この旅を決行。

 

 

 f:id:mahasamadhi:20200926222939j:plain

f:id:mahasamadhi:20200926222952j:plain

 

 

御廟の知識もないまま、大切な御廟をすっ飛ばして

 

地下のお大師さまに、一目散に逢いにゆく...という

 

あるまじき初のお参り (~_~;)

 

 

f:id:mahasamadhi:20200926223024j:plain

f:id:mahasamadhi:20200926223005j:plain



そういう、情けないほど、ずれている私も

 

『待っていました。』

 

お大師さまは、あたたかく迎えてくださったような気がしている。

 

やっとお逢いできたよろこびに震え、感極まり、号泣。

 

 

f:id:mahasamadhi:20200926223038j:plain

 

 

 

 

 

 

そして、1年後の今日。

 

スーパーからの帰りの夜道、思い出し、感極まり、涙。

 

自分一人の力で、逢いに行けたんじゃない。

 

皆さまが、助けて下さったり、導いて下さったり、待っていて下さったり。

 

 

 

あの頃より、この道への想いは、より深まり

 

あの頃より、自分のことを好きだと思えている...

 

そう思うと

 

なんだか、胸がいっぱいです。

 

 

 

明日は、高野山大師教会 光寿支部の「仏前勤行礼拝」。

 

また新しい気持ちで、祈りを捧げてまいります。

 

 

 

すべてに、深く深く、感謝です。

 

本当に、ありがとうございます (^人^)

 

静やかな 穏やかな

 

9月20日(日)は「仏道修行会」でした。

 

 


お釈迦さまが、生きとし生けるものすべてに、説法をされている

 

霊鷲山(りょうじゅせん)

 

を イメージ(観想)しての瞑想が

 

とても素晴らしかったです...

 

 

 

人間、動物、植物、鉱物、自然

 

かつての偉大な導師たち、諸仏、諸菩薩さま方...


たくさんのいのちが、にぎにぎしく集い、彩あざやかでした。

 

お釈迦さまは、黄金色の光を放っていました。

 

 

 

しばらくすると、映像がクロス?するように

 

お釈迦さまが、初めて説法をされた、初転法輪

 

が、浮かんできました(サールナート鹿野苑)。

 

わずか数名の人と、鹿たち、緑の葉っぱ。心地よい静けさ。

 

 

 

霊鷲山と、鹿野苑とでは、見た目の、集うボリュームが違うのですが

 

数秒ごとに、その2つのシーンが透けながら入れ替わるのですが

 

どちらの場にあっても

 

お釈迦さまが放つ、輝き続ける光の量?が、変わりませんでした。

 

 

 

そして、ふと

 

私が苦しい時、励ましを頂いていて

 

お守りのように大切にさせて頂いている

 

お大師さまの、お言葉が浮かんできました。

 

 

 

『性薫(しょうくん)我を勧めて還源(げんげん)を思いとす。

 

経路(けいろ)未だ知らず 岐(ちまた)に臨んで

 

幾たびか泣く。』

 

 

 

霊鷲山で、お釈迦さまの説法を聴かれているお大師さまも、他のいのちも

 

同じくらい光を放っているかのようでした。

 

 

 

お釈迦さまも、お大師さまも

 

きっと、私たちと同じように、悩み苦しみがあったことでしょう。

 

何度も泣いたことでしょう。

 

 

 

それでも、目に見える、たちあらわれる、様々な現象に惑わされず

 

 

 

雨が降っていても、灰色の雲の向こうには、太陽があるように

 

 

 

どんなに迷っても、苦しくても、さびしくても

 

私たちが味わう諸々の、その奥には

 

静けさの中で、変わらずに輝き続けている、穏やかな光があるんだよ。

 

 

 

そうメッセージを頂けたような、とても深い瞑想でした。

 

 

 

この感動が

 

午後の、秘密集会(ひみつしゅうえ)に繋がってゆきました。

 

 

 

お一人おひとりが、菩薩であり

 

ありありと味わった、眼耳鼻舌身意。

 

 

 

掌に舞い降りた、ひとひらの花びらに残る

 

しっとりとした みずみずしさと

 

とても甘く、微かにお花の香りが広がる

 

舌先にかんじる甘露が、印象に残っています。

 

 

 

チベタンベル や シンギングボウル、ご宝号をお唱えする声をもって

 

皆さま、お一人おひとりが、真心を込めて

 

仏さま方に、音を捧げました。

 

 

 

そして、先生のお身体を通して

 

歓喜の 「善哉(センザイ)」

 

寄り添う 「善哉(センザイ)」

 

安らぎの 「善哉(センザイ)」

 

お一人おひとりへの、さまざまな、大いなる御声が

 

高らかに響き渡りました。

 

 

ameblo.jp

 

 

ただただ、頭を深く垂れ

 

「ありがとうございます」

 

深く感謝の想いと、涙が溢れました。

 

ふっくらと、幸せな気持ちになりました。

 

 

 

その後の、先生のお話の中で

 

「転生があっても、この今の自分は、一代限り。

 

自分を大切にしてゆくことが、他を大切にすることに繋がってゆく。」

 

 

 

チベットでかんじたことは

 

過去を振り返らず、未来を見ている。

 

その、向かっている方向、前向きに生きるエネルギーが

 

国が違い、言葉が分からなくても、同じ。」

 

 

 

胸にぐっときました。

 

何度も何度もうなずいて、ペンを走らせました。

 

 

 

限りあるいのち。

 

限りある時間。

 

最期の、未来の私からのまなざしで、現在の私を見つめ

 

 

 

どんな困難に出逢っても

 

時に、焦っても、腐っても

 

私は、この終わりなき よろこびを

 

大切に、丁寧に、自らが選んでゆこう \(^o^)/

 

そう改めて、力強く、決意した、「仏道修行会」でした。

 

 


この度も、深く、有り難いひとときを、本当にありがとうございました。

 

 

 

いよいよ、明日、9月25日(金)は

 

第2回目、ナイト・ディヤーナ(夜の瞑想会)です。

 

天宮 光啓先生です (^^)

 

ameblo.jp

 

 

 

キャンドル、ローソクの灯りに包まれて

 

「命の輝き、宇宙のリズムと生命のリズム」 をかんじるお時間。

 

呼吸深まる、リラックスのひとときを、楽しみにしています (^人^)

 

 

9月25日(金)ナイト・ディヤーナ(ZOOM 夜の瞑想会) 命の輝き、宇宙のリズムと生命のリズム 天宮 光啓 先生

 

9月20日(日)は、仏道修行会でした。

 

深く、豊かなお時間を、皆さまとご一緒させていただきました。

 

心より感謝申し上げます。

 

本当にありがとうございました。

 

後日、改めて、ゆっくり、感想を綴らせていただきます (^^)

 

 

 

さて、明後日、9月25日(金)は、「ナイト・ディヤーナ(夜の瞑想会)」です。

 

キャンドルや、ローソクの光に包まれながらの瞑想会です。

 

可能でしたら、キャンドルや、ローソクをご用意いただけますと

 

より心身ゆるまるお時間となるかと思います (^^)

 

(火の取り扱いには、十分にご注意くださいませ。)

 

 

 

夜の瞑想会でおこなう呼吸法や瞑想法は、とてもシンプル

 

お時間は、1コマ(50分) ですので

 

日頃、お忙しい方や、はじめての方も、お気軽にご参加できます (^^)

 

 

 

夏の疲れ、毎日の頑張りを、癒し

 

お心、お身体をととのえる、リラックス & リフレッシュ タイム

 

「命の輝き、宇宙のリズムと生命のリズム」 を味わうお時間を

 

ベストタイミングな皆さま、ご一緒しませんか (^^♪

 

 

 

-------------------------------------

■ ナイト・ディヤーナ(オンライン夜の瞑想会・夜の部)

-------------------------------------

 

 

(導いて下さるのは、高野山真言宗のお坊さま 天宮 光啓 先生です (^^))

 


● 開催日時 : 9月25日(金)午後9時~

 

(時間割)

 午後9:00 ~ 午後9:50

 

※ 1コマ(50分)の開催です。

 

※ 始まる前に簡単な説明をおこないますので、10分前にご入室ください。

 

------------------

 

(参加費)

お一人2,000円です。

 

※ ご入金方法は、お申し込みの時にお知らせいたします。

 

------------------

 

(その他)

リラックスした服装でご参加ください。

 

当日までに、ZOOMアプリを、PCやスマホなどに、インストールしておいてください。

 

ZOOMのミーティングIDは、開始の1時間~30分前に、ご通知いたします。

 

------------------

 

 

 

お申し込みは、こちらからお願いします (^^) ↓↓↓

 

ameblo.jp

 

 

 

心身やすまる素敵なお時間を、皆さまとご一緒できることを

 

楽しみにしています (^^)

 

 

 

f:id:mahasamadhi:20200825080037j:plain

 

お導きのままに、辿り着いた心。

 

今日は久しぶりに、突然に、閃きがやってきて

 

夕方から、2時間近く、歩く。

 

ひたすら歩くことは、本当に清々しい。

 

自分と向き合える。

 

様々なドラマと出逢う。

 

 

 

とても小さな男の子と女の子が、歩いていた。

 

男の子『○○ちゃんは、ご飯作ったらいいんだよ。』

 

女の子『私、パパしかいないから、出来ないよ。』

 

男の子『○○ちゃんが、大人になってからってことだよ。』

 

 

 

地べたに倒れて、イヤホンをつけながら、笑みを浮かべて眠っている?ご婦人。

 

近くに2本の杖が、放り出されてあった。

 

そばで、どうしようもなく途方に暮れている、娘さんと思われる方。

 

 

 

こういう時に、大概出逢う、ご縁のある数字。

 

車のナンバーが、追い越してゆき

 

やっぱりね...と、高鳴る胸を、押さえる。

 

 

f:id:mahasamadhi:20200919223253j:plain

 

 

辿り着いた【大師橋】。

 

こんな危ないところに、初心者マークが!!

 

 

f:id:mahasamadhi:20200919223354j:plain

 

 

ここで、朝陽に合掌しながら

 

光明真言をお唱えさせていただいたことを、思い出した。

 

その時の、お空さん。

 

 

f:id:mahasamadhi:20200919223450j:plain

 

 

初心者マークは

 

あの初心を忘れないで、のメッセージかもしれません。

 

 

f:id:mahasamadhi:20200919223519j:plain

 

 

その時の、川崎大師さんでの、梵字

 

この時、適当に (^^; たくさんある中で

 

ノー知識で撮った2文字

 

キャ(五大のアバラカキャ、のキャ、空)

 

ケン (三宝荒神?)

 

 

 

お金を拾って、この交番に届けたことがあったな...

 

心身ズタボロで、駅まで来たのに、『出社できません』て

 

泣きながら、人波を逆走しながら、会社に電話したこともあったな...

 

よろこびをひろげたくて、暑い陽射しの中

 

自転車で、この辺を、汗だくで、よく走っていたな...

 

色々、思い出しました。

 

 

 

本当に...

 

誰もが、その時その時を、色々抱えながらも

 

その人なりに、精いっぱい、生きていて...

 

足りなくなんか、ないんだね。

 

 

 

今日、歩くことになったのは

 

がむしゃらに、精いっぱい生きてきた自分を、慈しむため。

 

自分を責めることを、おしまいにして

 

ゆるして

 

新しい自分になる決意をするため

 

 

 

傷つけてしまった、すべてのいのち に、たくさんのごめんね。

 

優しさや思いやりを下さった、すべてのいのち に、たくさんのありがとう。

 

そう、真心から、お祈りするため

 

なのだと、かんじました。

 

 

f:id:mahasamadhi:20200919223801j:plain

 

 

いつも通り過ぎる、羽田神社さん。

 

今日は引っ張られ、はじめて参拝させていただきました。

 

 

f:id:mahasamadhi:20200919225101j:plain

 

f:id:mahasamadhi:20200919225127j:plain

 

 

すぐお隣には、真言宗 自性院 さん。

 

まったく、再び、ノー知識 なのですが

 

並ぶ、神社さん と お寺さん。

 

お調べしたところ、浮かび上がったお名前は

 

牛頭天王

須佐之男

稲田姫命

 

 

 

これから、どんな風に繋がってゆくのだろう。

 

 

 

帰宅後、不思議なことが。

 

道中のお写真の縮小などをしていたら

 

明日の、9月20日(日)の日付で保存されていました。

 

まだ来ぬ、未来の、日付です。

 

 

 

 

f:id:mahasamadhi:20200919225231p:plain

 

お導きの元、色々なメッセージが降り注いだ、歩け歩け大会。

 

そんな今日、9月19日は

 

セラピストとなって、3周年の日、でした (^^)/

 

千鶴子先生、これまで奏でを分かち合って下さいました皆さま

 

本当に、ありがとうございます!!

 

また新しい私となって、皆さまとお会いできることを、楽しみにしています (^^♪

 

 

f:id:mahasamadhi:20200919225318j:plain

 

 

今日から、お彼岸なのですね。

 

今日の、不思議な諸々は、ご先祖様が、導いて下さったのかもしれません。

 

 

明日、9月20日(日)は、仏道修行会。(高野山真言宗僧侶 天宮 光啓先生

 

心静かに、ここから、手を合わせています。

 

このいのちを、メッセージを、ありがとうございます (^人^)

 

 

大丈夫 ☆彡 に包まれて

 

運河では

 

ここいらで【神様】と呼ばれている

 

いつも、同じ、全身白い出で立ちの、ある方が

 

朝から魚を釣っていた。

 

人目を気にせず、自由を貫くエナジーに、呼吸が深まる。

 

 

 

f:id:mahasamadhi:20200918090256j:plain

 

 

 

羽が千切れた水鳥が、頭上を、ゆったりと翔んでいった。

 

誰に何と言われても

 

翔ぶことをやめないでしょう。

 

目で追い続けた先の水面から、魚がぴょーんと跳ねた。

 

 

 

久々に追い越してゆく、夏色の青年。

 

自転車からぶら下がり、揺れている、そのマイボトルが眩しい。

 

 

 

駅のホームで、立って腰をかがめながら

 

ぐらぐらしながら

 

スニーカーから、ヒールに履き替えているお姉さんに

 

妙に親しみを覚えた。

 

 


大きな声で泣き叫ぶ、自転車のカゴの中の


小さな子とすれ違った。

 

遠く離れても、まだまだ、響き届いていたよ。

 

いのちの限り、あらわしているんだね ^_^

 

 

 

自らが 選んでゆけば 望んでゆけば

 

慌てて走らなくても

 

追い抜かなくてもいい

 

追い抜き返さなくてもいい

 

 

 

ゆったりとした息づかいの中で

 

ふうわり、宇宙を翔べば

 

お花も、石ころも、水も、雲も、風も、光も、闇も

 

心も、身体も、魂も

 

 


それぞれのいのちが

 

それぞれの物語が

 

こんなにも あったかい。

 

 

 

今日も、大丈夫 ☪

 

痛みも よろこびも

 

すべて、まるのまま

 

大きな掌に包まれている (*˘︶˘*).。.:*♡

 

仏様のまなざしで見た景色は、ただただ、光で溢れていた。

 

9月13日(日)は

 

生き方塾 (呼吸法・瞑想法/やさしいシリーズ・ムドラーシリーズ) でした。

 

(導いて下さるのは、高野山真言宗のお坊さま 天宮 光啓 先生です (^^))

 

 

 

はじまる30分ほど前に、なぜか急に哀しみがきて、直前まで号泣 (-_-;)

 

 

 

参加できるだろうか...?

 

と思っていたのですが

 

はじまって、スパッと、自分の内部が、切り替わるのをかんじました。

 

 

 

仏様方、お大師さまの、どこまでも深い、あたたかみ。

 

先生や、皆さまの、清らかなエナジー

 

 

 

朝起きて、ご飯を作ったり、頂いたり、洗濯物を干したり、歯磨きをしたり...

 

皆さま、それぞれのストーリーがあって、時間が来て

 

ひとつに繋がって、学びのお時間を共にして。

 

当たり前と言われれば、それまでですが

 

 

 

「ここで学びたいんだ (^^)/」 と

 

それぞれのいのちが、選択をして、交差してゆく奇跡が

 

なんだか、嬉しくなってしまうのですよね。

 

という、有り難い、生き方塾のはじまりでした (^^)/

 

 

 

この日を通して、半眼での瞑想でした。

 

光が差し込んでくるような

 

「その如来の光を、見失わないように。」

 

先生のお言葉に、ぐっときました。

 

 

 

一つひとつ、技術のみならず

 

ムドラーを「結ぶ時も、とく時も」、仏様へ心を手向ける。

 

 

 

深く丁寧な、お心の置き方から講座がはじまったのですが

 

本当に、一つもこぼしたくないほど、有り難いお話です。

 

 

 

吐く息とともに、声を響かせて、大地までおろしてゆき

 

会陰のバンダ(引き締め)から、エナジーを眉間までひき上げてゆき

 

右手、左手、眉間、の光の三角形の瞑想は

 

 

 

この日は、瞑想をしている私を、もう一人の私が見ている

 

不思議な画が浮かんだのですが

 

光が眩しすぎて、身体の輪郭がわからないほど

 

早くも、幸せな感覚で涙...

 

 

 

半眼から差し込む、仏さまの光が、涙でぼやけて

 

少し焦っていたところ

 

 

 

大丈夫。ぼやけても、見えなくても、光は確かに、そこにあるのだから。

 

 

 

そんな声が聴こえたような気がしました。

 

 

 

阿弥陀如来さまの瞑想は、夕焼けのようなオレンジ色のやさしい光に包まれたような...

 

「救い」 「癒し」 をかんじました。

 

お唱えさせて頂きました、三昧耶戒真言でもあり、普賢菩薩さまのご真言

 

どこか懐かしくかんじられ

 

 

 

何があっても、忘れません。

 

 

 

そう穏やかに、頷くような、お時間でした。

 

 

 

組んだムドラーから、全体に巡る光。

 

「身体全体が、ムドラーなのです。」

 

この日のはじまりに、そう仰っていた先生のお言葉が

 

この いのちが結ぶ、光の三角形とともに

 

夕焼けのオレンジ色の中で、浮かびあがったような感覚でした。

 

 

 

大日如来さま、入我我入、の瞑想。

 

すべてのいのちが、無邪気な子どもたち のようでした。

 

どんないのちも、苦楽を味わいながら、それぞれ精いっぱい、日々を生きていて。

 

全部ひっくるめて、どんな状況にあろうと

 

今ここにあることは、とてつもない確率の奇跡で。

 

 

 

遥か遠い昔からの、数え切れないほどの

 

 

 

それぞれの物語を、いっぺんに抱きしめたくなるような

 

不思議で、あたたかな気持ちになりました。

 

「ゆるし」という感覚を受けました。

 

 

 

この感覚を、日常でも保ってゆけば、たとえどんな困難に出逢っても

 

「大丈夫 (^^) 」

 

そう微笑むことが出来そうな

 

そんな優しい気持ちを頂くことができました。

 

 

 

本当に...


参加させて頂くごとに


深みが、ぐっと増してきているのを、かんじています。

 

 

 

「印(ムドラー、印相)は、スイッチのような...

 

結んで、狼煙(のろし)をあげてゆく。」

 

 

 

以前、先生が仰っていた、そのお言葉が

 

 

 

あんなに朝号泣していた私が

 

講義がはじまると同時に

 

よろこびへと切り替わったことと

 

重なりました。

 

 

 

生き方塾での、皆さまとのかけがえのないお時間は

 

自分で作り上げた 思い込み、とらわれ をとっぱらって

 

自分が、本当に味わってゆきたい生き方を

 

クリアーな魂で

 

偽りなく、選んでゆく

 

そのスイッチをオンして下さる

 

大きなムドラーであるかのようです。

 

 

 

有り難いこのご縁に、本当に、しみじみと、ありがとうございます (^人^)

 

来月10月は、支部会員さんの入会募集の受付期間です (^^)

 

支え合い、励まし合い、分かち合える、皆さまとのお時間を

 

これからも楽しみにしています (^^♪

 

ameblo.jp

 

 


そして

 

深まる、マントラシリーズ、ムドラーシリーズの、この流れで迎えます

 

9月20日(日)、仏道修行会。

“集会(しゅうえ)”

こちらも楽しみにしています (^^)/

 

ameblo.jp

 

 

 


だんだんと、暑さも和らいできましたね。

 

有り難い、かけがえのない今日という日が、またはじまりました (^^)/

 

どんな私も

 

どんなあなたも

 

大丈夫 \(^o^)/

 

本日も、存分に、味わってまいりましょう (^^♪

 

 

澄み切った魂で、選んでゆく。

 

先日の瞑想会では

 

自分を信じる、自分(内なる仏)と深く繋がることが出来たような

 

しあわせな、ひとときでした。

 

 

mahasamadhi.hatenablog.com

 

 

 

「感謝の心と、笑顔を忘れてしまう時には、今度は、自分を疑ってみなさい。」

 

そんな声? 感覚?も

 

胸に浮かびました。

 

 

 

自分を信じること。

 

時には、自分を疑うこと。

 

矛盾しているようで、でも、そうでもなくて

 

このふたつで

 

自分で作り上げた 思い込み、とらわれ をとっぱらって

 

自分が、本当に味わってゆきたい生き方を

 

クリアーな魂で

 

偽りなく、選んでゆける。

 

そんな気がしています。

 

 

 

 f:id:mahasamadhi:20200911182846j:plain

 

 

 

今日出逢えた、太陽さん。

 

光の部分が、澄んだ水色みたいで、キレイ ^_^

 

 

 

ありがたい、かけがえのない瞬間が、重なってゆく。

 

祈る空。

 

 

 

合掌

 

 

 

f:id:mahasamadhi:20200911182923j:plain

 

太陽の言葉

 

以前の記事

 

mahasamadhi.hatenablog.com

 

 

 

昔昔、名言を部屋中に貼って、いつも、自分で自分を励ましていた日々 (^^)

 

 

 

今日、断捨離中に、また懐かしい名言が出てきた。

 

 

 

f:id:mahasamadhi:20200910175239j:plain

 

 

(当時の私が、何かを見て文字を打ったのですが

お調べしたところ、少し違っていました(*_*;)

 

 

 

【太陽の言葉】

 

誰でもが太陽であり得る

 

わたし達の急務は

 

ただただ眼前の太陽を追ひかけることではなくて

 

自分等の内に高く太陽をかゝげることだ。

 

 

 

島崎 藤村 『春を待ちつゝ』より

 

 

 

f:id:mahasamadhi:20200910175301j:plain


 

 

茶色くなった紙

 

古い文字

 

画鋲のあと

 

 

 

懐かしい...忘れていたよ。

 

 

 

時を経て、また、励まされた。

 

 

 

変わりゆくもの、変わらないもの。

 

 

 

ただ ある だけで

 

幸せなんだなぁって

 

なんだか、ほっとした。

 

 

 

自分を大切にする。

 

自分を信じる。

 

最近の、「自分と繋がる」流れに

 

まさにベストタイミングな、時を超えて出逢えた、メッセージでした (^^)

 

 

 

すべてに

 

ありがとう \(^o^)/

 

奥深くにある、消えない、優しい光。

 

9月6日(日)は

 

生き方塾(呼吸法・瞑想法、やさしいシリーズ・マントラシリーズ)でした。

 

 

 

丹田の光の、律動(人や物がある一定の間隔で規則的に

 

また、周期的にくりかえし運動するリズム)

 

光がまるで呼吸をしているかのようでした。

 

その光は、誰にも消すことができない光であるような...

 

優しい光でした。

 

仏性 のような、感覚を受けました。

 

 

 

苦しかったり、哀しかったり、どんな状況に自分がいても

 

調和を崩さないリズムが、いてくれている。

 

そのことが、うれしくて。

 

本来の自分を信じる、内奥の自分と繋がる

 

ゆったりゆだねる

 

幸せな、安堵の涙。でした。

 

 

 

お袈裟のお授けもしていただきました。

 

 

 

お袈裟が自宅に届き

 

 

先生が、一つひとつ丁寧に、準備や御祈祷、光明真言百万遍の御祈祷塩まで...

 

真言をお唱えしながら、感動もひとしおの中

 

初心を思い出しました。

 

般若心経が、なかなか覚えられなくて、泣いた日々。

 

観音経を覚えるために、通勤中もずっとお唱えしていたこと。

 

初心を忘れずに、また一から、励んでゆきたい。そうかんじました。

 

 

 

支部会員 Kさんが、お袈裟をはじめて身につけられたよろこびのお心を 綴られた記事です (^^)

 

ピュアなエナジーに、とても感動しました (^人^)

 

ameblo.jp

 

 


お授けの時、先生の、お大師さまのご宝号の、力強いお唱えに

 

「金剛」のイメージ?の振動が、胸の部分を揺さぶり、溢れてゆくような感覚でした。

 

誘導してくださる流れの中で、先生の熱い想いに、いつも出逢います。

 

 

 

「この袈裟は、1年前にも半年前にも存在していませんでした。

 

一人で作ったのではなく

 

みんなの想い、お大師様からのメッセージ、いのちが宿っているのです。」

 

 

「心を開いて捧げる【ありがとう。】も、立派なマントラなのです。」

 

 

「ナバ・アーサナ(基本坐法)は、仏様と真摯に向き合う儀礼

 

 

 

目を瞑った後の場合、メモ魔の私としては、ペンに伸びそうな手を必死に抑え

 

懸命に、心に刻むのですが (^^;

 

 

 

支部長の溢れる熱い想いで、心がやわらかくなり

 

瞑想に入りやすい ということに、気が付きました。

 

 

 

第三の目の開眼では、眩い光で溢れ

 

お唱えする目的として、三力偈を胸に刻んだ瞑想は

 

「覚悟」を促してくれるようで

 

大日如来さまのご真言も、光も

 

「あるがままでいい。」

 

そんな安心感を下さったような気がしています。

 

 


最後に。

 

すべては、うつろいゆき

 

すべては、一期一会。

 

 

 

『南無大師遍照金剛』

 

このご宝号が、もしも、最期の、最後の、お唱えだとしたら...

 

それぞれの、お大師さまの御為にお唱え。限られたお時間、1分間、瞑想。

 

これがですね、本当に、たまらなく、感動しました...

 

 

 

お一人おひとり、唯一無二の『南無大師遍照金剛』で

 

ラストという状況や、1分間という設定で

 

皆さま、この上なく研ぎ澄まされた、いのち、マントラ、だったと思います。

 

 


私自身は、あたたかな光に包まれて、お大師さまを抱っこして

 

子守歌のように、お唱えしていました。

 

別々の身体があるのに

 

お大師さまの中に私がいるのか、私の中にお大師さまがいらっしゃるのか

 

ひとつになったような、そういった不思議な、至福感に包まれていました。

 

 


こちらは、支部長がチベットでご修行されていた頃の

 

感動されたエピソードから、うまれたものだそうです。

 

ここにも、いのちが宿っているのですね。

 

それが私たちに巡って...

 

私たちが、ありがとう。と吐く息にのせて、おかえししてゆく。

 

本当にありがたいことです。

 

 

 

日々、情報過多の中で、心身疲弊している自分がいました。

 

今回の生き方塾は、いつも以上に、心が洗われ、癒され

 

「こんなにも、純粋な自分がいたんだ...」

 

という、自己信頼に繋がるひとときでした。

 

素直で、まっすぐな自分と出逢える、この感覚を積んでゆけば

 

やさしく、強い心も育んでゆける、そうかんじています。

 

 

 

そして、皆さまの無垢なエナジーに、本当に、支えられているのを

 

いつも実感しています。

 

 

 

この度も、素晴らしいお時間を、皆さま、本当にありがとうございました (^人^)

 

 

 

 

次は、9月13日(日)

 

オンライン生き方塾(呼吸法・瞑想法、やさしいシリーズ・ムドラーシリーズ)

 

です (^^)/

 

ZOOMを使用します。

 

ベストタイミングな皆さま、すべてと繋がるお時間を、ご一緒しませんか (^^♪

 

お申し込み受付中です \(^o^)/  ↓↓↓

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

いのちの音


今日、会社の19階の窓から空を見ていたら

 

飛来物が!!

 

なんと、セミさんでした \(◎o◎)/!

 

こんなに高くまで、翔べるなんて!!

 

窓越しに、バチバチバチっと、聴こえてきそうでした。

 

 

 

そして、朝は、駅で虫さんたちが、大合唱 (^^♪

 

 


虫の声


 

 

心地よい音が、重なり、響き合っている。

 

それが、私に届いて、朝から元気頂いて (^^)/

 

 

 

私のよろこびも、目に見えない形で

 

虫さんたちに、届いたかな?

 

 

 

いのち って、不思議...

 

 

 

こんなに暑くても、雨が降っても

 

私たちと同じ時を、同じように呼吸をして、生きている。 

 

 

 

9月6日(日)は、マントラを用いた、呼吸法・瞑想法 (^^)/

 

 

 

私も、声を

 

この いのちの音を、存分に、あまねく一切に、響かせてゆこう \(^o^)/

 

 

 

f:id:mahasamadhi:20200904185950j:plain

 

 

 

心に波風が立つと

 

塩加減が分からなくなったり、冷蔵庫が膨れ上がる。

 

 

 

心がかき乱されると

 

フリーハンドで、真っ直ぐな線が描けなくなる。

 

片足で立つことが、出来なくなる。

 

 


怒ったり、哀しんだり、とらわれたり


人間らしさを楽しめれば、それはそれで、かっこいい。

 

 


でも、私は、不器用だから、闇にのまれると

 

出逢う、豊かさ、かけがえのない宝たち に気づけず

 

優しさを差し出したり、受け取ったり

 

いのちの歓びを うたうことを忘れてしまう、そんな私自身を、知っている。

 

誰も幸せにならないことを、知っている。

 

 


限りあるいのち。

 

 

 

残された日々。

 

 

 

のまれることを、もう選ばない。

 

 

 

ということを、選んでゆこう。

 

 

 

本当に大切なことを


見落としたり、見失ってしまいたくない。

 

 


どんないのちも

 

それぞれが、真の自由を、手にすることができるように

 

 


どんないのちも

 

「生まれてきてよかった。」

 

それぞれが、自分自身にそう思えるように

 

 


僕は、目を瞑り、呼吸をととのえ

 

にぎやかな「仮の」僕を見つめながら

 

その奥にいる

 

静けさとともにある、僕の真ん中と、繋がってゆく。

 

 

 

f:id:mahasamadhi:20200904193931j:plain

 

 

 

自分を大切にすること。

 

言ってしまいました...

 

 

 

何度も、いいです(不要です)と断っているのに

 

何度も、言ってくるから

 

 

 

言ってしまいました...

 

 

 

 

  

「しつこい!!!!」

 

 

 

 

  

ちゅどーん (~_~;)

 

しかも、絶叫系... (-_-;)

 

頭がおかしくなりそうで、両手で顔を覆いながら...

 

 

 

嫌なことは嫌、と言えたのは、よし!!

 

でも、言い方が...(-_-;)

 

あとで謝りました (-人-;)

 

 

 

しかし、鳴かぬなら鳴かせてみせよう的な

 

支配

 

執着

 

思い通りにならないストレスから、追いかけるように...

 

 

 

もうですね、限界だったそうです、私の心さんが、魂さんが。

 

 

 

 

自分を大切にする、ということが、いまいち分からずに

 

でも、自分に必要な気がして、最近向き合っているテーマなんです。

 

 

 

人間関係で、どちらかが我慢するというのは、自他共に幸せじゃなくて。

 

心は、いのちは、対等で。

 

今回、嫌なものは嫌、と伝えられたことは

 

自分を大切にすることに、繋がった気がしています。

 

 

 

言い方が未熟で、傷つけてしまい、ごめんなさい。

 

でも、私が絶叫しても、あなたは自分を否定しなくてよいのです。

 

あなたは、私に共感してほしかった。それも自然。安心してください。

 

でも私は、強引でしつこいのが苦手で、心身疲れていました。

 

そういうことも伝えました。

 

 

 

私は、想いをちゃんと伝えることが苦手なので

 

これも、伝える学び、としてやってきてくれた出来事、なんだとかんじています。

 

ある意味、大きな一歩だったと思います

 

(今までの自分は、飲み込むばかりだった。しかし、傷つける言い方は反省…)。

 

自他を責めることなく、誠意ある、真心の伝え方を、身に着けてまいりたいです。

 

ごめんなさいも、ありがとうございますも、忘れることなく。

 

 

 

新しい私、新しいステージを、かんじています (^^)/~~~

 

 

 

ますます、正直に!!

 

変わりゆくことに、恐れは要らない!!

 

さわやかに、すこやかに、かろやかに、シンプルに、ゆこう!!

 

頑張れ!! 私!!

 

 

f:id:mahasamadhi:20200903203716j:plain