にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

我捨ぽん

傷つくかもしれないことを恐れずに

(恐れてもいい、恐れている自分を受け入れ、慰め、励ましながら)

 

【必要だから】目の前にやってきた

光も、闇も

私のフィルターで、都合よく遮ることなく、曲げたりすることなく

あなたのあるがままを

運ばれたこの不思議な、大きな流れを

ただじっと、抗うことなく

味わい、愛でてゆきたい。

 

あたたかさも、つめたさも

たくさんの気づきをくれたから。

 

きっとこれからも

まだ見ぬ景色を教えてくれるから。

 

f:id:mahasamadhi:20180104202601j:plain

 

 

f:id:mahasamadhi:20180104202615j:plain

 

 

f:id:mahasamadhi:20180104202627j:plain

 

 

f:id:mahasamadhi:20180104202640j:plain