読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

天宮光啓先生の法話会に出席してまいりました☆

5/4(木)、天宮光啓先生の法話会に出席してまいりました。

 

光啓先生と、私自身も含めご参加の皆様方との化学反応が、すごくすごく深かったです。

臨場感溢れるお時間でした。

笑いあり、涙あり。

お一人お一人の声が、想いが、【生きている】のですよね。

どれが正解かなんて、ないんですよね。

想いというのは、言葉やそれにつられて動く表情や身体、醸し出される空気などが溶け合って表現となりますが

それがまたどなたも美しいのです。

また、本当の核をあらわすことって、【言葉を超えている】と私は日々感じていて

それでも、ギリギリまで表現しようとする私たち

その場で紡がれる、言葉と言葉の間の静けささえも、心が躍りよろこんでいる。

ああ、何も答を用意しなくても、ただここに在るだけで、こんなにも満たされるのだなぁと、しみじみと感じました。

 

また、このひとときが嬉しすぎて

よろこびを私の全部がうたっている、そんな発見もありました。

対自然、対生き物や対鉱物では、心をひらきリラックスしている自分が多かったですが

対人間でのくつろげる自分というのは大きな気づきでした。

 

人って、殻や衣で覆っていても、隠しきれない、にじみ溢れ出る光があるのだなぁと

しみじみと感じました。

 

豊かなお時間を、本当にありがとうございました☆

 

f:id:mahasamadhi:20170507115504j:plain

 

広告を非表示にする