にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

シンギングボウルBSM(ボディ・シンギング・メソッド)認定セラピスト くぼ かずみ と申します。
出張、遊行スタイルにて、シンギングボウル・トリートメントや、瞑想会等での演奏の活動をしています。

シンギングボウルで、心身がゆるまる優しいひとときを。
『きもちいい』が『これでいい』をおしえてくれる。 言葉を超えた、あなたの光を、思い出してみませんか。

HPはこちらです(^^) ↓↓↓

にじのはらから、いまり。

すべて等しく、同じ心をもついのち。第20回 ハンセン病問題に関するシンポジウム~人権フォーラム 2021~、ありがとうございました。

 

皆さま、こんにちは。

 

お読みいただき、ありがとうございます(^^)

 

昨日は、第20回 ハンセン病問題に関するシンポジウム~人権フォーラム 2021~

 

オンラインにて参加させていただきました。

 

 

*********

 

 

まず、私がハンセン病を知ったきっかけを。

 

もう26年ほど前でしょうか。

 

浪人時代に、導かれるように、山崎努さん演じるダミアン神父の

 

魂の一人芝居を、観に行き、雷に打たれたような衝撃を受けました。

 

誰からも見放されたハンセン病の患者さんたちに、ご自身の生涯を捧げた

 

ダミアン神父。

 

 

f:id:mahasamadhi:20210328153022j:plain

f:id:mahasamadhi:20210328153039j:plain

当時パンフレットからパウチ、お守りにして、今も持ち歩いている、ダミアン神父のお写真。

もう、ボロボロで、年季が入っています。

 

 

*********

 

 

昨日のオンラインでのシンポジウム。

 

ハンセン病回復者の皆さまに、中高生の皆さまが、様々な聞き取りをされ、まとめた発表。

 

ハンセン病回復者の皆さまの、生の声。

 

人権バンド「願児我楽夢(がんじがらめ)」さんの、ライブ。

 

 

当時のお話を聴き、途中何度も、涙をおさえられませんでした。

 

指が変形、ピアノを弾いてみたかった。

 

強制隔離、子を見送る父の涙。

 

家族に迷惑をかけないように、偽名にせざるを得なかった。

 

療養所の小さな子たちは、夜に泣きだし、その子たちを両脇に抱えながら眠った。

 

崩れゆく母の顔、それでも愛おしい母の顔だった。

 

故郷に帰れず、亡くなってからのお骨も、今もふるさとへ帰れず。

 

亡くなった今も、親からいただいた名前に戻せず。

 

ハンセン病の父を火葬してもらえず、土に埋めた。

 

親と子の絆、自身や周りの方々の人生が、ズタズタに。

 

など。

 

 

 

未来を担う中高生が、こんなにも熱く、真摯に、バトンを受け継ぐお姿が

 

とても心強く、感動的でした。

 

ハンセン病と、現在のコロナウイルスにおける、差別問題などの類似点の言及も

 

考えさせられるものがありました。

 

 

そして、さまざまな回復者の皆さまの、熱い想い。

 

強制隔離を定めた、らい予防法への怒り「俺だけでたくさん...こんな思いを人にさせてたまるかい」

 

様々な荒波の中、らい予防法違憲国賠訴訟を起こされ

 

1996年に、らい予防法は、廃止となりました。

 

それでも、まだまだたくさんの課題があるそうです。

 

 

人権バンド「願児我楽夢(がんじがらめ)」さんのライブでも

 

メンバーお一人おひとりの、情熱が、ひしひしと伝わってきました。

 

故郷の空をどれだけ飛んだでしょう」

 

「人が生きる意味を教えてください」

 

「あなたと同じ心を持つ人なのです」

 

うたから溢れる想いが、今なお差別で苦しまれている方々、無念の中光に還られた方々の、魂の叫び、そうかんじました。

 

 

いのちとは、しあわせとは、改めて、深く考えさせられ

 

自分の心の方向性も、明らかになりました。

 

 

素晴らしいお時間を、ありがとうございました。

 

 

*********

 

 

以前、どなたかの記事でお見かけしたことがあります。

 

国立ハンセン病資料館の入り口には、母娘遍路像というのがあるそうです。

 

江戸時代以来、職を奪われ、故郷を追われた、ハンセン病の多くの方々が、四国へ渡り、お遍路をされたそうです。

 

母娘遍路像の説明の中の

 

 

たとえどんなに肉体がむしばまれ、

差別・偏見の下におかれた人であっても、

人としての尊厳に変わりはなく、皆救いといって捨てぬ、という

弘法大師の広大無辺なご誓願(ちかい)の、今に生きる証なのです。

 

 

私の中で、すべてがつながりました。

 

 

これからも、祈りを捧げ、今自分に出来ることを、実践してまいります。

 

 

 

合掌

 

 

 

f:id:mahasamadhi:20200131232233j:plain

 

 

f:id:mahasamadhi:20210311004750j:plain

 

 

f:id:mahasamadhi:20201123230249j:plain