にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

あの光 この光

涙も、笑顔も

この光に繋がる道だったんだ。

 

繰り返す山にくじけそうな時は

 

ひとつ。

またひとつ。

 

呟きながら

一つひとつを両手で包み

ありがとうの光の粒を 胸いっぱいに吸い込んで

このうたに ありがとうをのせて

その景色を終えてゆく。

 

焦がれる に のみ込まれないように

目を瞑り 呼吸を整え

僕のすべてにぴたっと一致する

この確かな感触に 私のすべてをゆだねてゆく。

 

触れることはできなくても

確かに僕/私はあたたかい。

確かに、ここに ともにある。

 

f:id:mahasamadhi:20170618150917j:plain

 

Rさん撮影の、先日の射手座満月。

まるで太陽のようですね。ありがとうございます。