にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

どこででも

f:id:mahasamadhi:20151221165141j:plain

 

 

f:id:mahasamadhi:20151221165140j:plain

 

瞑想するために、山へこもりたいと言った。

それを聞いていた8歳の男子が

『ここででもできるよ。』

と言った。

 

 

よろこびで胸の部分がふるえ

全部に光が貫いた。

 

 

ほんとにすべては完璧なんですね。

ありがとうございます。

広告を非表示にする