にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

変わるもの変わらないもの

 

声を出せば

今にも泣き出しそうで

 

僕の全部がアンテナみたいに

あなたの言葉にならない部分をキャッチして

 

f:id:mahasamadhi:20170326155437j:plain

 

この葉っぱのお布団みたいに

エア・ギターならぬ

エア・ハグを

大切な一瞬一瞬

あなたに送る。

 

f:id:mahasamadhi:20170326155439j:plain

 

家の前は、更地になった。

そしてもうじき僕はこの家を出てゆく。

 

f:id:mahasamadhi:20170326155438j:plain

 

つぼみばかりだったお花も

次々とひらき始め

人々は足を止め

めでて

はかなんで

またいつか出逢える希望を胸に。

 

変わりゆく景色。

あなたがいない景色に

僕はたえられるだろうか。

 

時に

情けないくらい

もがき

涙し

しがみつくのだろう。

 

それでも

僕の光も

あなたの光も

ずっと変わることのない美しさを放つ。

そう、長嶋大先輩のごとく

【永久に不滅です】☆

 

だから

何を選んでも

きっと後悔はしないだろう。

 

勇気を出して僕は声を出す。

あなたの声をきく。

 

そして

愛をこめてハグをする。

広告を非表示にする