にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

現金と元気 まさかの循環の物語

f:id:mahasamadhi:20170417091929j:plain

いつも駅の駐輪場が、自転車で溢れかえり、男性の諸先輩方が通路にはみでないように、朝から整理して下さっている。

先日の話。

時間がなくて慌てて自転車を降りたら、その中のある方が

『いいよいいよ、やっとくから行きな〜。』

『いつも大変ですね。ありがとうございます!』

『いんだよ〜、現金置いてってくれれば。あはは。』

ここは無料の駐輪場である。

思わず、時間がないのを忘れて

腹からガハハと笑ってしまい

『すごく元気いただけました。ありがとうございます!』

とお伝えしたら

『え?!あ?!そりゃ良かった!』

意外なキャッチボールに戸惑いながらも、やわらかな笑顔を下さいました。

思わぬ循環が生まれて

ホカホカになりました☆

ホカホカをひとつこの胸に

今日も自由な旅を。

あなたと私と世界の無事を祈って☆

広告を非表示にする