にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

シンギングボウルBSM(ボディ・シンギング・メソッド)認定セラピスト くぼ かずみ と申します。
出張、遊行スタイルにて、シンギングボウル・トリートメントや、瞑想会等での演奏の活動をしています。

シンギングボウルで、心身がゆるまる優しいひとときを。
『きもちいい』が『これでいい』をおしえてくれる。 言葉を超えた、あなたの光を、思い出してみませんか。

HPはこちらです(^^) ↓↓↓

にじのはらから、いまり。

自分を大切にすること。

 

言ってしまいました...

 

 

 

何度も、いいです(不要です)と断っているのに

 

何度も、言ってくるから

 

 

 

言ってしまいました...

 

 

 

 

  

「しつこい!!!!」

 

 

 

 

  

ちゅどーん (~_~;)

 

しかも、絶叫系... (-_-;)

 

頭がおかしくなりそうで、両手で顔を覆いながら...

 

 

 

嫌なことは嫌、と言えたのは、よし!!

 

でも、言い方が...(-_-;)

 

あとで謝りました (-人-;)

 

 

 

しかし、鳴かぬなら鳴かせてみせよう的な

 

支配

 

執着

 

思い通りにならないストレスから、追いかけるように...

 

 

 

もうですね、限界だったそうです、私の心さんが、魂さんが。

 

 

 

 

自分を大切にする、ということが、いまいち分からずに

 

でも、自分に必要な気がして、最近向き合っているテーマなんです。

 

 

 

人間関係で、どちらかが我慢するというのは、自他共に幸せじゃなくて。

 

心は、いのちは、対等で。

 

今回、嫌なものは嫌、と伝えられたことは

 

自分を大切にすることに、繋がった気がしています。

 

 

 

言い方が未熟で、傷つけてしまい、ごめんなさい。

 

でも、私が絶叫しても、あなたは自分を否定しなくてよいのです。

 

あなたは、私に共感してほしかった。それも自然。安心してください。

 

でも私は、強引でしつこいのが苦手で、心身疲れていました。

 

そういうことも伝えました。

 

 

 

私は、想いをちゃんと伝えることが苦手なので

 

これも、伝える学び、としてやってきてくれた出来事、なんだとかんじています。

 

ある意味、大きな一歩だったと思います

 

(今までの自分は、飲み込むばかりだった。しかし、傷つける言い方は反省…)。

 

自他を責めることなく、誠意ある、真心の伝え方を、身に着けてまいりたいです。

 

ごめんなさいも、ありがとうございますも、忘れることなく。

 

 

 

新しい私、新しいステージを、かんじています (^^)/~~~

 

 

 

ますます、正直に!!

 

変わりゆくことに、恐れは要らない!!

 

さわやかに、すこやかに、かろやかに、シンプルに、ゆこう!!

 

頑張れ!! 私!!

 

 

f:id:mahasamadhi:20200903203716j:plain