にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

インド・ヒマラヤ山脈の麓「ラダック」のしあわせな生き方のヒント@東京

11/5(日)

NPO法人ジュレー・ラダックさん主催の

インド・ヒマラヤ山脈の麓「ラダック」のしあわせな生き方のヒント@東京

に参加させていただきました。

会場は 文京区小石川 見樹院 さん。

すべてがはじめましてのこの日。

 

f:id:mahasamadhi:20171123101212j:plain

タルチョに胸ときめく。

まずは、日本大学 法学部 佐渡友ゼミナールの皆様方の、ラダック訪問の報告会。

100%自給自足

コンポストトイレ

無農薬

どのお話も興味深かったです。

すべてが 循環 なのです。

そんなラダックにも、グローバル化の波が、じわじわと...とのことです。

生活が便利になる点もあるかもしれませんが

グローバル化の波は、競争や損得、スピード、生産性といった、呼吸が浅くなるような要素も運んでくるような気がします。

私の勝手な意見ですが、世界全体が速度を増していて、止めることが難しいならば

せめてこういった、ラダックのような聖地を、この星の全体の循環のために残していって欲しいと、切に願います。

 

 

f:id:mahasamadhi:20171123103724j:plain

 

その後は、1部の会へ参加させていただきました。

トーク&質疑応答:「人はなぜ苦しむのか」 

ゲスト:コンチョック・ワンドゥさん(仏教大学学長)

 

この世の平和のために、私たちが協力をして

一つひとつのエキサイトで終わるのではなく、次へと繋げていくこと。

頼りあっている、つながっている私たち。

例えば、今着ている服は、材料があって、どなたかが作って...といったプロセスを経て

ここまで辿り着いた。

すべてが繋がっていることを理解し

その繋がりの中に私たちが在る「おかげさま。」

一人ひとりが幸せになるには、一人ひとりの変化が大切。

自分自身がまずは平和であること。

この他にも、この限られた時間内に、溢れんばかりの学びがありました。

 

瞑想タイムもありました。

●呼吸に集中する瞑想

●自分はどうしてここに来たのか、といった、モチベーションの振り返りの瞑想

 

自死やうつに追い込んでしまう社会システムの改革は

果てしなく長い道のりかもしれません。

しかし、こうして目の前に、次へと繋げていくことを実践されている方々が

いらっしゃる...

勇気と希望をいただけた、ありがたいひとときでした。

粛々と、【何のために】を胸に、歩を進めてまいります。

素晴らしいこのような学びの場をつくってくださいました皆さま、

本当にありがとうございました!

 

f:id:mahasamadhi:20171124001547j:plain