にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

【本の中の名言】『なぜ殺してはいけないか-生まれ変わりと因果の法則』 牧野 宗永 (著)より

チベット仏教では、心は粘土のようなものだといいます。柔らかくて、自分がそう決めさえすれば、いくらでも、かたちを変えられるというのです。

私たちは、自分の心を、そういう方向性に持っていこうと取り組むことができたら、時間はかかったとしても、必ずそうできる、というのです。

逆に、何もしなかったとしたら、何にもならない。いまのままです。

 

『なぜ殺してはいけないか-生まれ変わりと因果の法則』 牧野 宗永 (著)より引用

 

           f:id:mahasamadhi:20170905152205j:plain

 

自分がそう決めさえすれば

時間はかかったとしても、必ず

そこに、ぐっときました。

 

先日受講した【空海の生涯と思想】の講師:牧野 宗永先生の御著書です。