にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

変わりゆくことさえ、創造のエナジーに変換してゆく〜7/23獅子座新月〜

f:id:mahasamadhi:20170724000023j:plain

 

エナジーが通うたくさんの線。

 

出逢って重なり

じゃあね。と

各々が新しい旅へと流れてゆく。

 

今日、太陽と月も重なった。

そしてまた、月は満ちてゆく。

 

 

 

認めるのが怖かった。

 

もう、そこにあの頃の僕がいないことを。

 

変わりゆくことは

自然なことなんだと

 

散って干からびた花びらが

いつの間にか始まったセミの鳴き声が

突然降りだした雨のにおいが

 

教えてくれた。

 

 

 

僕たちはくるくると流れている。

 

子どもみたいに

楽しかったら、全身で笑って

嫌なら嫌と、涙こぼして

光に透かしたビー玉の七色を、飽きるまで眺めて。

 

ほんとはこんなにシンプルで

【みずから】が味わい、創造しているんだ。

本当はね。

 

 

 

大丈夫だよ。

一人ひとり。

旅路を違えても

愛はそこにある。

 

 

 

宇宙にぴょんととんだら

あなたと僕のエナジーの変容さえ

美しきメロディーだ。

 

 

 

獅子座新月、僕たちは、宇宙は、このひととき、ひととき、流れている。

 

変わりゆくエナジーさえ、出逢えたキセキのカケラとよろこび

そのカケラを集めて、胸を熱くしながら、まだ見ぬ何かを創り上げていく。