にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

すこやかな風

自分を変えようとすることは

自分自身を否定することでもなく

何かや誰かに負けることでもない。

 

何かや誰かのせいにすることなく

自らの生を謳歌するための

健やかなる、創意工夫なのだと思う。

 

f:id:mahasamadhi:20170606180233j:plain

 

とうもろこしが店先に並び始めた。

夏のにおい。

季節も変わる。

私も変わる。

まだ見ぬ景色が恋しくて

気持ちがふっくらとした。

広告を非表示にする