読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

道中 馳せる

玉ねぎしか入ってないカレーだって

たまにはええじゃないか。

 

玉ねぎはどうやってここにきてくれた?

どなたかが手塩にかけて育ててくれた。

 

玉ねぎの皮を剥いて

玉ねぎを洗って、切って、鍋に入れて、、、炒めて、

 

包丁もまな板も洗ってさ。

 

【そこに辿り着くまで】

想いを馳せようじゃないか。

 

目の前に現れたものに

足りないものなんて

きっとないんだ。

 

不恰好でも

そこにはちゃんと

愛があるんだからさ。

広告を非表示にする