にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

お寺deシンギングボウルを聴く会、味わってまいりました☆

4月23日(日)お寺deシンギングボウルを聴く会、味わってまいりました☆

 

f:id:mahasamadhi:20170425122841j:plain

 

まずは根津駅の文庫コーナーに癒されました。
素敵すぎる☆

 

お寺deシンギングボウルを聴く会、会場は、忠綱寺さん。私は初めましてです。

ボウルを奏でるのは、シンギングボウルの師匠:湘南茅ヶ崎シンギングボウル~蓮(れん)~の共鳴のリラクゼータ、秋山千鶴子先生と

千鶴子先生の元で学ばれて、現在はシンギングボウルセラピストの道を歩まれていらっしゃるBSM認定セラピスト:ハマシュウさん。

 

御本堂の聖なる、まばゆい空間。
期待に胸がふくらむ中、いよいよ始まりました。

 

ハマシュウさんのご挨拶では、ハマシュウさんから溢れる熱い想いに、思わず早くも涙がにじみました。

 

渡邉副ご住職さまが、お経のような、うたを唱えられ、そこにシンギングボウルの音が、すーっと重なり、鳥肌ものでした。

 

その後、渡邉副ご住職さまの法話。

生と死。
休みなく働いてくれている心臓。
ご飯を食べたり、旅に行ったり、といった目に見える満足とはまた違うところの満足。

こちら側からだけではなく、あちら側からの光。
何を選んで生きていくか。改めて考えさせられました。

 

ヨガマットに横になり、千鶴子先生のナビゲートのもと、身体と大地を感じるひとときも貴重でした。

 

いよいよ始まったシンギングボウルの奏で。
厚みのある音が、重なり合い、柔らかな何かに包まれるようです。
手足がピリピリ感じてきました。痛みとは違う感覚です。
この身体が応えていることが、すごく嬉しかった。
やがてすやすや、ぐうぐうと、あちこちから寝息が聞こえてきました。

 

BSM認定セラピスト:ゆうさんの演奏ご参加により
さらにボウルの音の厚みが増し、ずんずんと身体に響いてきました。

 

天と地の方向が分からなくなるような
身体が浮かんでいるような
私のこの身体と、外の世界との境目がなくなるような
不思議な感覚。

はい、結局私も、寝落ちしました。

 

本当に素晴らしかったです!!

 

終えた後、千鶴子先生の
生きとし生けるものへのお祈りでは、よろこびの涙がこぼれました。

 

たくさんのシンギングボウルの倍音・振動に、ここに集った皆様のお一人お一人の想いが重なって、織りなす愛と調和のハーモニーは、この身も胸も涙も震わすほど、素晴らしいものでした。

 

素晴らしきひとときを、本当にありがとうございました☆

 

千鶴子先生がこの日のよろこびを記事にされていらっしゃいます。↓

 

ameblo.jp

 

帰り道の風景。

f:id:mahasamadhi:20170425122840j:plain


私たちは、誰もが等しく照らされている。

抱える闇も、真ん中の光もまるごと。
ならば、あなたの光に、私の光に私をひらいていこう。
ハーモニーのおかげでポカポカな帰り道、改めて、そう感じました☆

 

f:id:mahasamadhi:20170425122839j:plain