にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

天宮光啓先生の瞑想会:「やさしい瞑想法」講座を受講してまいりました☆

f:id:mahasamadhi:20170417194023j:plain

 

4/15(土)

天宮光啓先生の瞑想会:「やさしい瞑想法」講座

を受講してまいりました(2回目)。

前回お会いした方も、今回新しくお会いした方もいらっしゃいました。

 

私は最初は少し緊張していましたが

光啓先生が誘導して下さるので、手順などを頭で追わなきゃ、というプレッシャーもなく、だんだんリラックス&集中できました。

 

1限目の瞑想を終えて

『(周りの)人の気配を感じなかった。』とおっしゃった方がいらっしゃって

まさに自分もそうでした。

目を開けたら、私も皆さんもお顔がやわらかに。

どなたも心身がほどけたような。

自然と集中力が高まっていく、清らかな空間。

 

私自身、息を吐くときに、意識しすぎて前傾気味に力が入っていることや

それに気が付いて力を抜くと

今度は、瞑った目に力が入っている、ということに気が付きました。

 

瞑想をすることで

普段、時間ややるべきことに追われて、気が付くことが出来ない『声』を

拾うことが出来るような気がしています。

それを拾うことで、自分にも、周りの人々にも、優しいまなざしを向けることが出来る。そう思うのです。

 

大切な人を思い浮かべての瞑想では

『ありがとう』の想いが、いつも以上に大きく深く、身体の内部で広がって、染み入ってくるようでした。

涙もにじみました。

 

不思議なご縁で、私は今、ここで目を瞑っていて。

自分の呼吸を観て

大自然の中に身を置き

自分の鼓動を感じ

出逢えたあたたかさに感謝が溢れる。

この身をもって味わったからこそ、知ることができた新しい世界。

 

2時間があっという間です。

光啓先生のお話の一つひとつも、自分の未知の世界を照らして下さって

本当にこゆい、こゆいひととき。

先生からにじみ出るあたたかさも、私たちの心身をほぐして下さっているのだとも思います。

本やネットなどの、文字だけでは得られない、温度のようなもの。教えに生命が宿っているような。まさにライブ。

私たちは生きている。アライブ。

だから足を運び、知る価値があるのです。

 

5月は東京の他、大阪、福岡でも瞑想会等を開催されるそうです。

 

ameblo.jp

 

昔よく聴いていたうたを思い出しました。

------------------

ここにある ここにいる
それだけ 何もない それでいい

NUU『繭』

------------------

 

この身、ひとつ。

目を瞑れば、たくさんを感じて、味わって、知っていける。

それはきっと、隣のあなたも、遠く離れたあなたも。

 

来月の瞑想会も、心より楽しみにしております。

素晴らしきひとときを、本当にありがとうございました☆

 

 

広告を非表示にする