読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

シンギングボウル・トリートメントご体験 ご協力いただきました!(10月編)

シンギングボウル

f:id:mahasamadhi:20161127162740j:plain

 

10月は、久々にシンギングボウル・トリートメントをさせていただく機会に恵まれました。

 

友人のAさんが、当blogでのモニター様大募集の記事を見て、お声をかけて下さいました。

本当にありがたいことです。

 

港区のレンタルサロンにて

2つのボウルを使って、約1時間、トリートメントをさせていただきました。

 

はじめてからは、会話をしながらの施術でした。

しばらくたつと、言葉もなくなり、静けさの中でボウルの音、かすかに聞こえるAさんの寝息にほっとして、私が癒されました。

 

こういう体験は、はじめてでいらっしゃるとのことで

友人とはいえ、緊張感もあったと思います。

『急にリラックスして寝た感じで、スッキリした。』と施術後にご感想をいただきました。

お顔もスッキリされていました。

 

Aさんのお身体・お時間をお借りでき

Aさんからたくさんの気づき、学びをいただけました。

 

●ボウルを身体の上に乗せる位置(お一人お一人体格が違うのはもちろん、性差でかなり違いがあるということ)の調整。

●受け手の方を不安にさせないために、言葉をかけてから動くこと。

●トリートメント以外の部分でも、お客様が安心感を得られるように、こまやかに気を配ること。

 

【ホスピタリティとは】

そのことについて、更なる課題をいただけたと思います。

 

シンギングボウル・トリートメントを学び始めの頃

秋山千鶴子師匠に『このトリートメントをいつかしてあげたい人がいます。』

と話した時のことを思い出しました。

胸に浮かんだそのうちのお一人がAさんでした。

今回のAさんのご協力のおかげで、私の夢が一つ叶いました☆

他の誰でもない、Aさんだけの響き・あたたかな命・光。

またひとつ、私の宝が増えました。

『受ける前は、変なのだったら、やめなと言おうと思っていた。でも、受けてみてどんどんやるべきと思った。』といただけた言葉。

背中を押して下さり、【一歩】の勇気が出ました。

Aさん、冷たい雨の中、お忙しい中、お疲れの中、本当にありがとうございました!

 

まだまだシンギングボウル・トリートメントご体験のモニター様を大募集中です。

詳細は以下の記事にありますので、ピンときた方、どうぞよろしくお願いいたします☆

 

 

mahasamadhi.hatenablog.com

 

広告を非表示にする