にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

降り注ぐひとつの

f:id:mahasamadhi:20160820230847j:plain

ゲートの向こうに光が見えた。

 

 

 

見えたとたんに

ゲートの手前の

僕の頭上に

目が眩むほどのまぶしい光が射し込んでいることに気がついた。

 

 

 

わからなかったよ。

 

 

 

こっちも

この上なく、まばゆかったなんて。

 

 

 

あっちも、こっちも

もとは、どっちも同じ、ひとつの光だったなんて。

広告を非表示にする