読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

ときめき

f:id:mahasamadhi:20160403172729j:plain

 

ふうわりと

あなたと重なった。

 

f:id:mahasamadhi:20160403172744j:plain

 

まるで海のように

たくさんの花びらのさざなみが

胸のあたりをくすぐる。

 

f:id:mahasamadhi:20160403172928j:plain

 

おちてしまうことが怖くて

あなたのまぶしさを讃える自分を

どこかでコントロールしていた。

 

f:id:mahasamadhi:20160403173533j:plain

 

どんなに制しても

触れたいと

全部がこたえるならば

もう、すでにおちている。

おちた場所は

脱皮を終えた新しい世界。

おちた中で

世界の、あなたの、己のエッセンスを

存分に味わえばいいじゃないか。

 

 

ときめいちゃいけないなんて

そんなルールはないだろう。

広告を非表示にする