にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

光の粒

f:id:mahasamadhi:20160110193348j:plain

神様を信じる強さを僕に

生きることを

あきらめてしまわぬように。

好きだった歌のフレーズ。

どんなに身動きがとれなくても

さしこむ光が

こんなところにもあるんだ。

そう気づいても

まだ心がざわつくのなら

もっと泣きたいのかもしれない。

心ゆくまで泣こう。

涙も美しいよ。

光に照らされたしずくたちが

頬の上でキラキラと喜んでいる。

広告を非表示にする