にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

涙の温度

あのさよならも

僕の奥深くへ向かう適切なストーリーだったんだ。

でもまだ涙が止まらなくなる。

でも僕の真ん中が

『ようこそ』と

手を差し出してくれている。

まだごねる僕の一部分。

きっとごねることさえ

適切な旅路なんだね。

この涙に

ぬくもりを感じなければ

僕の真ん中から伸びる手をとって

いざなわれればいいのかもしれない。

広告を非表示にする