読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

愛のプロセス

乾いた季節も 私を生きる旅路の 大切なプロセス。 息をひそめて その内にある 芽吹きのぬくもりを 味わっていく。

しあわせの形

昨日もお散歩。 ぼーっと景色を眺めながら、コーヒーで一杯やるのが 至福のひとときだ。 夕の陽に照らされて どの子も可愛い。 大好きなこの樹に逢いに行った。 この子にそっとふれると 不思議。 あったかい。 こうして ちゃんとふれて 味わうから あなたの…

はじまりのサインたち

毎年の恒例。実家には帰らず、のんびりお散歩。 ガソリンスタンドの、笑顔が素敵なラッキーおじさんに遭遇!(以下の記事参照) 迷わず「こんにちは~♪」すばらしい2017のスタートだ! mahasamadhi.hatenablog.com お散歩の途中で、ハートの落し物を発見。 2…

心の声

言葉にならない。 ならば ありがとうの微笑みで。 やわらかなまなざしで。 無事でありますように、のお祈りで。

愛は瞬発

肩書きや ブランドや 功績など あなたをあなたたらしめるかのような装飾は 本質の交わりの上では 意味をなさないのかもしれない。 あなたが泣いていれば あれこれ考える前に 僕の真ん中の痛みと 僕のこの身がひとつになって 気づけばあなたの背中をさすって…

シンギングボウル・トリートメントご体験 ご協力いただきました☆(11月編)

10月に続き、11月も、シンギングボウル・トリートメントをさせていただくありがたい機会がありました。 はじめての、初対面の方のトリートメントでした。 ありがたいことに、お家にお邪魔させていただいての施術でした。 今回モニター様に応募して下さいまし…

シンギングボウル・トリートメントご体験 ご協力いただきました!(10月編)

10月は、久々にシンギングボウル・トリートメントをさせていただく機会に恵まれました。 友人のAさんが、当blogでのモニター様大募集の記事を見て、お声をかけて下さいました。 本当にありがたいことです。 港区のレンタルサロンにて 2つのボウルを使って…

エナジーの伝播

あなたがあなたに気づくたび あなたがあなたに気づいて、のびやかにここちよさをうたうたび 私の呼吸も深くなる。 思い通りにしたいものごとなんか どうでもよくなって ただただ、あたたかなエナジーで胸がいっぱいになる。 ありがとう。 見知らぬあなたが …

流してゆく 流れていく

神や仏じゃないのだから。 私たちは、人間なのだから。

豊かさのエナジー

今朝、15分ほど歩いてみた。 いつも朝歩きたいと思っていたが、家人が起きてしまうため、断念していた。 でも今朝は、歩きたい想いが溢れ、ついに決行。 そーっと抜け出した。 かけてしまいそうな細いお月さまに会えて、テンションが上がった。 やっぱり来て…

たった今出逢ったこの子も 今を生きているんですね。

信頼

真の美しさは 駆け引きとは無縁だ。 いつでも開かれていて 出入り自由だ。 だから信じられる。

牡羊座満月 未知への出発

執着が消えたら まるで平衡感覚を失ったみたいに ふわふわとなっている。 優しくしたり 嫉妬したり 責めたり そんなしがみつきで 自分自身を保っていたなんて。 まだ、この自由さに慣れていない。 どうして あれだけ苦しかったこだわりが消えてしまったんだ…

安堵

あなたの眩しさは どんな鎧もはがしていく。

ハーモニー

目が離せない。 知りたい。 私の【信じる】を育て、差し出し あなたの【信じる】を受け取る。 共に鳴り響く。 響きあうその先に 立ち現れる 心震わす安堵の光。

答はいらない

一度ならずも二度三度 捨てたと思うこの身なら 恐れることは何もない。 【でも怖いんだよ】 答を捨てなさい。 自らがあらかじめ用意している答を。

【力を貸してください】シンギングボウルトリートメントを体験してみませんか。

学びを深めるため、シンギングボウルトリートメントのモニター様を大募集中です。 宗教等は無関係、費用はかかりません。 沢山の方々のお身体とお時間をお借りして、更なる精進を果たしたく 是非お力を貸していただきたいのです。 【シンギングボウルトリー…

なんとか

【しょうがない、なんとかなる。】 だったり 【大丈夫。なんとかなる。】 だったり 【大丈夫。なんとかする。】 だったり。 なんとかなってきたからこそ なんとかしてきたからこそ 今の自分がある。 世界が色を失い 灰色の空が頭上低く この絶望に 果たして…

解き放つ

あれはだめ これはだめ そのエネルギーに 息苦しさを感じたら 旅立ちのサインかもしれない。 僕たちはみな 各々が各々を 味わうために生まれてきた。 誰かを支配するエネルギーも 支配するという経験をするため 支配に苦しみ逃れようとするのも 【私にとって…

すでにある

感動の仕方なんて 誰にも教わっていない。 各々に溢れでるもの。

振り返る

【私が私を幸せにする】 ちょうど1年ほど前の想いの文にそう綴ってあったのを たまたま見つけた。 未来の自分からじゃなくて 過去の自分からエールが届くなんて 思いもよらなかった!

切符【新月-木星天秤座移動-満月-秋分-そして...】途中下車なし

あなたの光を 自分だけのものにしたい という気持ちを 月明かりのない空に置いた。 束縛も 嫉妬も 疑いも もう十分に経験したじゃないか。 今生のラストに 何を望む? これでまたひとつ 自由を手に入れた。

いいんだ

誰かと愛を交わす前に 【私は私でオッケー】 に辿り着こう。

かよいあう

じっ、と 見つめあっていると わっ、と あふれでてくる。 いや あふれでてくる瞬間はまだみていない。 気がつくと 真ん中からあふれでた熱で 浮かんでいるみたいになる。 その時 僕のこの皮膚のことも この骨のことも この血のことも すっかり忘れてしまって…

シンギングボウルと秋山千鶴子師匠

いつもこのブログでは ひらめきみたいなものばかり書いています。 以前のブログ(アメブロ)のように 少しずつでも シンギングボウルの魅力を伝えていきたいな、と思い 綴ってみました。 私のシンギングボウルの師匠は シンギングボウルBSM(ボディ・シンギ…

降り注ぐひとつの

ゲートの向こうに光が見えた。 見えたとたんに ゲートの手前の 僕の頭上に 目が眩むほどのまぶしい光が射し込んでいることに気がついた。 わからなかったよ。 こっちも この上なく、まばゆかったなんて。 あっちも、こっちも もとは、どっちも同じ、ひとつの…

あふるる

隠せない。 隠さない。 どこにいても 私を照らしてくれる 光。

俯瞰

ちぎれたり くっついたり。 遠くから眺めれば どの子もかわいい。 めんどくさくなったら 果てから眺めてみるといい。 目には見えない僕の真ん中が終わりを迎え 仮にまた巡ったとしても このまなざしは どの時代を探しても見つからない 【今】の 毎瞬の 僕だ…

寛容〜故郷の空〜

自分がまさか、ありえない。 そんな想いが ずっとぐるぐるしてるなら そんな僕自身の姿も やわらかく、潔く、認めよう。 そうしたら 僕以外の誰かにとっての あり得ない、と思えていた世界も 愛し、許せるだろう。

道中

ここまでは出来るけど ここからは応えられない。 だから 自分に出来る限りの思いやりは 示しているつもりだよ。 それでもなお 欲しい欲しいと乞うてくるならば 僕たちの学びのステージは すでに変わったのかもしれない。 他者からの目に見える愛で、自分の存…

にじむもの

それでもなお滲んでくる この想いの正体を 脚色・演出なしに しっかりと観ていく。

尊び

あなたを責めてしまう前に 僕の全部をスキャンする。 あなたという世界は 僕自身のあらわれ。 あなたを許せるならば 僕自身を許せるだろう。

これじゃない

【なんかちがう】 その違和感は 奥底からくる 本当の声からのサインかもしれない。 あなたは 僕は 他の誰かを喜ばせるためだけに生まれてきたのではない。 あなたや僕が すでに自身が持っているものに 平穏を見いだす。 そのよろこびの波が 他者や世界に伝播…

許し

苦しくなるのは 【許し】ていないからだ。 と何かで読んだ。 妻とか夫とか お母さんとかお父さんとか 役割は私の一部であっても 私そのものではない。 役割を超えれば 【こう在るべき】から離れて あと少し楽になるかもしれない。 あと少し 私にも あなたに…

知っている

また今年も出逢えた かわいいキミ。 名前は何ていうんだろう。 あの時そう思って また今も同じことを思っている。 ただひたすらに がむしゃらに 胸を焦がす想いを これまでの寄りかかりではなく 何にも縛られない 純粋な光なんだと 【エッセンス】についてキ…

忍耐

あなたが元気がないと 僕の心がざわざわする。 どこかで自分の思い通りに支配したいから、ざわざわするんだ。 あなたが選ぶ一つひとつを まっすぐに受け入れたい。 ざわつきをぐっとこらえ 静けさの中に身を置き 今日またあなたの心臓が動いていることに感謝…

愛の一歩

自らの一歩が怖い? 彼らの運命を 変えてしまうようで怖い? 迷ったら そこに愛があるかどうか 胸の部分に問うてみればいい。 誰かを 意図的に傷つけたいわけじゃないなら 見返りを求めているわけじゃないなら 理由なんて分からなくても 自らが自由に光を放…

夏至の光が運ぶもの

帰り道。 夏至の 力強い光に ついつい引き寄せられる。 惹かれる理由を あれこれ考えても仕方がない。 まして 正体不明な この大きな引力を 目に見えない 抗えない引力を ヒトサマのものさしや、人工的につくりあげたルールで ジャッジしたり 変容させてはな…

恍惚

勝手な妄想や嫉妬でがんじがらめになってたら あなたの 僕の 光が見えない。 通い合うエナジーを 解釈なしに 集中力をもって ただただ 感じていく。 このシンプルさが 気持ちいい。

真の自由

自分の本当の望みが 世間さまとかけ離れているかもしれないと不安になって Googleで検索をかけて 他者の『正しさみたいなもの』で やっぱりこの溢れる熱いものは 存在してはいけない なんて かき消したくない。 あなたのことは あなたにしか分からない。 僕…

一期一会

背中なんてしゃんとしなくていい。 できるだけゆるめて、ゆだねて 誰かに見せるためではない 僕とはらからのつながりを味わうため 風の中で 光の中で 木々の中で 波を見ながら 音に包まれる。 ボウルの中に 一匹の虫がすべりこんできた。 羽が風やボウルの振…

ときめき

ふうわりと あなたと重なった。 まるで海のように たくさんの花びらのさざなみが 胸のあたりをくすぐる。 おちてしまうことが怖くて あなたのまぶしさを讃える自分を どこかでコントロールしていた。 どんなに制しても 触れたいと 全部がこたえるならば もう…

ハッとして グッときて

ぼやけていた視界も あなたが放つ光で 鮮やかさを取り戻した。 信じようと 少し意気込みすぎた。 信じられない そんな時もある。 でも 信じられない自分に失望する ではなく 信じられない自分を ええじゃないか。 と ゆるす。 そんないたわりを 選んでみるこ…

実在

僕を覆うフィルターを 一つひとつ 丁寧にはずすたびに あなたの美しさに 足が 息が 時が とまる。

流れ

ふっくらと いまにもはじけそうな かわいいきみ。 誰にも、とめることはできないね。 流れのままに。 理由をつけて ごまかさずに 溢れる想いに抗わず この流れにすべてをゆだねれば 僕の花も咲くような気がして。

調べ

木星と月が寄り添っている。 寄りかかりすぎず バランスを崩さず 美しい調和だ。 『あなたになりたい。』 ときみが泣く。 『僕たちは、別のなにものかにならなくたって、各々が無二の美しき光なんだよ。』 だから僕は ちょうどいい距離で あなたの瞬きに 心…

ともに

3月20日 春分のお祝いに ガーベラを2輪買った。 自分のためにお花を買うのは 生まれて初めてだ。 ひかりが いのちが はばたきが やわらかな陽射しと風の中で 胸の部分でくすぐったかった。 響きあう、この感覚を 疑うことなく 信じていこう。

確かな春

僕が行きつ戻りつしていても 芽吹いて 花開いて 確実に 季節は巡っている。 しがみつくのは もうやめにしよう。 言葉や、約束で 縛り上げることを必要としない 僕の、 あなたの、 あたたかな真ん中の部分に やわらかく 両手を添えていたい。

生きている

寒くて この子の左の鼻の穴から 鼻ちょうちんが できて はじけて できて はじけて。 ~息をしている~ この子が驚かないように 息をひそめて しばらくこの事実を 僕の全部で味わう。 ~生きている~ 僕らの頭上では 鳥たちがにぎやかに唄っている。 この子は…

ひらひらと

3月9日、日食・うお座新月の日、 素敵な電車が目の前に現れ 私を新しい場所へと運んでくれた。 ハートの花びら。 ひらりと舞い降りても 美しいまま。 姿を変えて土となり また豊かさを生んでくれるんだね。 ありがとう。