にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

シンギングボウルBSM(ボディ・シンギング・メソッド)認定セラピスト くぼ かずみ と申します。
出張、遊行スタイルにて、シンギングボウル・トリートメントや、瞑想会等での演奏の活動をしています。

シンギングボウルで、心身がゆるまる優しいひとときを。
『きもちいい』が『これでいい』をおしえてくれる。 言葉を超えた、あなたの光を、思い出してみませんか。

HPはこちらです(^^) ↓↓↓

にじのはらから、いまり。

物語

うなずく強さで、愛を知る。〜05/17 牡牛座新月&天王星、火星移動前夜祭〜

『気をつけて帰るんだよ〜!さようなら〜!』 『は〜い!さようなら〜!』 工事現場の警備員さんと、学校帰りの小さな女の子たちの響き渡る声。 風に揺れるうすみどりのカーテン。 朝の母の不在の切なさ。蘇る遠い記憶。 目の前を歩く、大荷物の杖をついた紳…

まんなか

和をはかりながらも 一つひとつのいのちから溢れる 喜びも悲しみも 大切に掬い上げてゆきたい。 あなたの声を 僕の声を 耳を澄まして 心を澄まして 正誤で振り分けることなく 自分好みに支配することなく あるがままの、そのいのちのうたを まっすぐに聴いて…

けわい

足もとに虹。 道道に、雫たち。 掴めなくても。 上を向けなくても。 確かに、ちゃんと、そばに。

ラポール

あなたから 僕たちのはじまりへ。 次へと繋ぐ架け橋。 道しるべ。 信じること、愛することを教えてくれる 僕たちを照らす、大きな光。

この掌

このおとを奏でる いとしさを包む 痛みをくるむ 溢れる水を受けとる 背中をさする この掌は 私の掌でありながら 私の掌ではないのかもしれない。 どうか 幾久しく 僕やあなたや世界を あたためることが出来ますように。

寂静

あなたのすべてで、一つひとつを確かめてゆきなさい。 長い年月を経て 私のすべてに響く声。 痛む身体をさすりながらも 零れる水を拭いながらも 【それでも私はゆくんだ】と 何度も何度も聴こえる声。 その先には 疑いや、窺いを超えた 敬いや、慈しみにあふ…

いのりの着地

熱が風を生み 風は上昇気流となり 祈りは舞い上がる。 流れは雲をよび やがて雨が降り 地上の僕たちのすべてを、潤してくれる。 僕の背中を押す、この追い風は 遠き日の、あなたが放った熱が、生んだものかもしれない。 僕の靴を濡らす、この雨は いつかのあ…

新生

例えば 諦めるための理由を、たくさん並べたてても 波間に光る 【源】を目の前に 一つひとつ 剥がれおちてゆく。 きらびやかな衣も 私をなしているかのような名前も 自分を守るためだけのプライドも。 懐かしさ。 あたたかさ。 切り分けられない。 あなたの…

究竟

帰り道のいろんな風景。 とても小さなお姉ちゃんが、疲れてぐずる、もっと小さな弟をおんぶしてあげていた。 縁側で、ただじっと、日向ぼっこのおばあちゃん。 ずいぶん年が大きな息子さんを、道端で抱きしめているお母さん。 眺める私から 【私】が抜け落ち…

祝福のはなびら

職場近くの目黒川。 3月29日。↓↓↓ 3月30日。↓↓↓ みなも の花びらが 1日でこんなにたくさん(白っぽいピンクっぽい部分が全部花びら!)♡ どこかで誰かが喜んだお花が 散って 流れて 今度は私が出逢って 嬉しくなって 気持ちがふっくらする。 そして、また流…

となりびと

その健気さが 誰かの胸を打つだろう。 その真っ直ぐさが 誰かの背中を押すだろう。 出会うすべては おとなりさん。 今日という日も 僕と、あなたと、世界と ともに鳴り響いてゆく。 溢れる優しさに気付き、喜び、分かち合ってゆく。

のぞむ

鳥かごではない大空を 今日という日も翔んでゆく。 誰が何と言おうと 翔びたいんだ。 生まれる前から きっと何度となく通った道も 今回の僕が また再び、味わい、愛でてゆきたい。 今日は、どんないのちに出会えるだろう。 どんな喜び、苦しみに出会えるだろ…

かたちの向こう

たとえ 薄い紙切れ一枚でも 手のひらサイズの、小さな塊でも 傷跡が残る肉体でも いつかは尽きる、この限りある 形 の奥に 無限の光 を 見いだしてゆく かんじてゆく。 信じてゆく。

大いなる

陽の当たる場所。 何を選んでも、必ず、光に通じてる。 光はいつも待っていてくれて 光はいつもともにいてくれて。 どんな迷いも、どんな決断も、限りあるいのちの果てから眺めれば 一つひとつが、愛おしい。 出逢いも、別れも、みんな必要だったんだね。 ど…

息う 行こう

道道の 宝。 恵。 【自分自身をあざむかない】道への道しるべ。

末端さえも

枝ごと着地。 大きな風にのって、ここまでやってきたのかな。 ちぎれても、むなしくなんかない。 姿を変えながら 毎瞬毎瞬、すべての和をなす、カケラとしてのよろこびを。

その内奥の 光を放つ、あまやかなひとしずくを かんじてゆく。 ここにも、そこにも あなたがいる。 私がいる。 僕たち、私たちがいる。

あゆみ

挫折も 自責も 絶望も 逃れようと切り捨てず どこからきて どこへゆくのか ただじっと見つめ もがきながらも、ともに歩んでみるならば 僕たちは、再び出逢えるのかもしれない。 幾千もの眩き光の粒に。 辿った道が、ちゃんと証明している。 その背中が、ちゃ…

水の循環

この雨は いつかのあなたの涙かもしれない。 そう思うと コートが濡れても 靴が濡れても 鼻や指の先が冷たくても なんだかあたたかい。 一粒ひとつぶ 大切に愛でてゆきたい。 そう思うんだよ。

Mido Labo さん vol.12『優しい植物』 下北沢亭

3/3(土) 松井みどりさん主宰 Mido Labo さんの vol.12『優しい植物』 味わって参りました! 下北沢亭さんにて。 Mido Labo さんのHPです ↓↓↓ ryokkakeikaku.wixsite.com 感想です(^^) ・セットなし、丸椅子のみ、台本を持ちながら、でも、朗読(劇)とも違う…

脈々と

行ってらっしゃい。も おかえりなさい。も 僕たちのもとへ届けてくれる。 幾重にも重なるいのちたちを 見送り 迎え 照らし あたためてくれる。 この大きな、あたたかな光を これまでも 今も これからも 僕はずっと、信じている。 【何があっても。】 その勇…

祈りの抱擁

照らされて 透けてみえる、きこえる。 よろこびも 痛みも いとしさも。 そのいのちの脈動を 壊さぬよう、大切に、両手でやわらかく包み込む。 ゆだねる。 ただ、あるがままに。 雨を降らす雲も 雲を吹く、春の強い風も 僕たちを照らす太陽も ずっと、ずっと…

繋がる

日陰に羽根。 闇の中に光。 目を瞑れば あなたの声が聴こえる。 私の声が聴こえる。

気づきのプレゼント

寒い寒いと嘆いても 洗濯物を干して ゴミを出して お外に出て 部屋に戻った時に分かる。 あったかい。 ありがたい。 うずもれそうな時ほど 動くことは、気づきを与えてくれるものかもしれません。 ありがとうね (*^^*) 至近距離。むねきゅん。 私は怪しい者…

残された時間を考えれば 痛む胸さすりながらも 涙ぬぐいながらも 迷う時間を飛び越えて 消去法でもなく あてずっぽうでもなく 僕自らが選んでゆく。 ともに行きたい ともに生きたい あの光を。 【振り返ってごらん】 声のままに振り向くと 後ろの方に そこに…

はじまりへの、おわりに。

お布団に入って、今日嬉しかったこと、ハートに響いたこと 振り返ってみる。 一つひとつにありがとう。 眠れない時は、たくさんの笑顔を思い浮かべて。 今日もいい一日だったよ。 って、目に見えない手紙を、愛をこめてしたためる。

東寺 京都研修 2日間の旅

2/9(金)、2/10(土)、京都に行ってまいりました。 約25年ぶり! 2/9(金)は、かねてから訪れてみたかった、東寺さんへ。 昨年から、立体曼荼羅によばれている感覚で、いつか行ってみたいと思っていました。 大きな日の光と、流れる雲。 見上げるこのショ…

吉兆 アオサギと紳士からの贈り物

胸のあたりに、ふぁさーっと垂れたおひげ?が、そよそよと風に揺れている。 静かに佇むそのさまは、私の全部をとらえて離さない... 時間がないのに二度見、三度見...(^^; 『アオサギっていうんだよ〜!』 挙動不審な私を見つけて、叫ぶ見知らぬ紳士。 『すご…

我捨ぽん

傷つくかもしれないことを恐れずに (恐れてもいい、恐れている自分を受け入れ、慰め、励ましながら) 【必要だから】目の前にやってきた 光も、闇も 私のフィルターで、都合よく遮ることなく、曲げたりすることなく あなたのあるがままを 運ばれたこの不思…

絆 ~1/2蟹座満月~

近くにいても 離れていても おんなじ光を浴びて、おんなじ光を見ている。 夕暮れのお散歩の時には どこからかカレーのにおいと 食器がぶつかるおと。 少し目が熱くなって、深々と息をする。 諸々は、今となっては赦せるさ。 涙と笑顔を分かつ、ハラカラがい…