読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にじのはらから、いまり。

魂の成長の記録、第2章。

物語

ありがとう☆

あなたの想いが溢れる声をきくことができて嬉しかった。 【何があってもだいじょうぶ。】 そうあなたに 私自身に 伝えるために 出逢えたのかな。 あなたの一歩を 誰かが必ず見ている。 だから安心して 行ってらっしゃい☆ 私もここから あなたの旅の無事を祈…

全部

クールに見えて情にあついところも 優しくてきっと涙もろいところも たまに身体全部で大きく笑うところも 一人で抱えすぎてないか心配になってしまうところも すごく照れ屋なところも がんばり屋さんなところも あとね、、、 きりがないよ。 全部、全部。 僕…

変わるもの変わらないもの

声を出せば 今にも泣き出しそうで 僕の全部がアンテナみたいに あなたの言葉にならない部分をキャッチして この葉っぱのお布団みたいに エア・ギターならぬ エア・ハグを 大切な一瞬一瞬 あなたに送る。 家の前は、更地になった。 そしてもうじき僕はこの家…

うららか

春分点をこえて出逢えた、新しい軽やかなあなたからは 春のにおいがした。 あなたが駆け抜ければ 僕の背中のシャツが揺れ 僕の全部を吹き抜けて 身体中が光の粒でいっぱいになる。 まだ見ぬたくさんを教えてくれる あなたは僕のウェイクアップコール。 胸が…

春想うゆえにポカあり〜あんな時代もあったねと

胸こがし 鍋もこがして パンこがす。 各停間違え 空港におりたつ。 この滑走路が 光につづく道ならいい。 こげて美味しいおこげさん。 字余り、すぎ。 季語なし。 焦がしすぎないよう 自分を整える。 それはあなたの笑顔につながってゆく。 今日もこの星で …